家族葬の形

家族葬は人気のあるお葬式の形ではありますが、家族葬にもいくつかの形があります。今後この形式でお葬式を行うのであれば、さらに細かい形の種類についてもしっかりと覚えておきましょう。

本当にわずらわしさなど感じることなくつつましやかにお葬式を行いたいというケースとなると知人などは呼ばずに、遺族のみの小さな家族葬を行うというケースがあります。確かに、非常にリラックスした雰囲気でお葬式ができますが、親族などを呼ばないということになると事前にしっかり伝えておくことが大切です。リラックスできる反面このようなリスクがあることを理解しておきましょう。

遺族のみで行う家族葬の他にも、ご親族を呼ぶケースやご遺族の交友関係のあった人などを呼ぶケースもあります。親族や友人などを呼ぶというケースになってくると、連絡の漏れなどが起こる可能性も出てきます。そのようなことがないように、連絡をしなければ行けない人を把握し、連絡漏れなどが起こらないようにしていきましょう。

家族葬もいろいろな形があるので、1つの形に囚われるという必要はありません。故人にとって、どのような形式が良いのかを考えながら後悔のない家族葬をしていけるようにしたいものです。