どうする?家族葬の服装

家族葬の場合、その場に適した服装はどうしたら良いの?と悩んでいる人も中には居るでしょう。実際に家族葬の服装に関して悩んでいるという人は参列するときの参考にしてみましょう。

家族葬といえば、親しい人ばかりではありますし形式にとらわれることのないお葬式も多くあります。だからといって普段着で足を運ぶのは良いことではありません。家族葬であったとしても、お葬式の服装として一般的な喪服の着用は義務であると考えた方が良いでしょう。喪服が無い場合は早めの準備をおすすめします。

喪服には、本式と略式と呼ばれるものがあります。本式の場合はモーニングや黒の和装が一般的です。基本的に本式を着るのは喪主などお葬式を開く側であることは覚えておきましょう。逆にお葬式に参加する人は、略式のものを着るのが主流です。略式のものであればブラックスーツやブラックフォーマルなどをチョイスすると間違いないので覚えておくと安心です。

服装1つで失礼にあたるケースもあります。喪服での参列はもちろん本式と略式の違いをしっかりと理解した上で立場にあった喪服を着てお葬式に参列するということしっかりと覚えておくことによって、家族葬に参加する機会があっても安心です。